News おとなの活動 イベント クローバー 他団体との交流 発達障がい 親の会

6月クローバー

投稿日:

梅雨入りが少し遅れているようで、6月クローバーの日も快晴。
何時ものメンバー以外にも、久しぶりの方や見学の方が来て下さり総勢17名。
コロナで会場の人数制限があった事もあり、屋内での集まりでは2年ぶりの大人数です。

この日は10代~20代が6名、ここ最近、若手のメンバーが増えています。


学齢期、キャンプに参加していた方は、今年高等部を卒業して、母さんと一緒にクローバーに初参加してくれました。
とても話し好きで元気な彼ですが、初めての場所や人は大の苦手。
部屋から出て、あちこち動いていましたが、声を掛けて在学中の先生の話題を振ると、それが若手メンバーとの共通の話題になり輪の中へ。
通う事業所の許可が出れば、バス遠足にも参加出来そうです。

母さんたちも数名参加していたので、卒後の今やこれからの展望、親なき後の生活等、相互に情報交換していました。
「学校時代は、放課後デイに通えていたけれど、卒後の休日に通う先がない。」「学校時代の友人と交流するにも、相互に都合があり難しい。」
「やっぱり学齢期から繋がりを持っていないと困るなと実感した」との事。

コロナで2年ぶりの再会でしたが、そこは一緒に活動した者同志。
親子とも、クローバーの雰囲気に馴染むのが早かったです。

時折、福祉関係の職員が同行して親子で参加してくれる方もあるのですが、元々人との付き合いが苦手な方も多く、まして大人になってから参加では、結局雰囲気に馴染めず、一度きりになるケースが大半です。

子ども時代から、親子で繋がるサードプレイスがある生活。
その必要性が広く知られると良いなと思っています。

最近参加してくれるようになった20代女性。
「コミュニケーションが苦手で、大勢で話すとどうしてよいか分からなくなるけど、一人は寂しい。」
そんな話をしてくれた後、悲しくなったのか、苦しくなったのか、帰ってしまわれました。
「みんなコミュニケーション苦手で同じよ、気にしないで」
帰られた後、「自分を責めてないかな」とメンバーから心配の声が聞こえていました。
気持ちが落ち着いて、また参加してみようと思ったら、おいでね。

月1回ですが、毎回、内容盛りだくさんの4時間です。
今月は、通常の集まり以外にイベントで近郊にバス遠足に行きます。
梅雨真っただ中の遠足ですが、雨もまた良し、楽しみたいと思っています。

次回クローバーは、7月2日(土)13時~16時30分徳島県立障がい者交流プラザ2階会議室でお会いしましょう。
この日は、1時間だけ体育館で卓球にチャレンジします!

-News, おとなの活動, イベント, クローバー, 他団体との交流, 発達障がい, 親の会

Copyright© 特定非営利活動法人 オーティの会 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.