News こども活動 カンガルークラブ

11月定例会

投稿日:

前日の雨も明け方には止み、登山日和となった8日(日)午前。
この日は、子どもたちの定例会とクローバーの遠足が場所を違え同時進行で行われました。
眉山は小倉先生と院生さん、子どもたちで登り、ご家族は山頂で登頂を待ちました。

以下はボラリーダーさんのリポートです。
今月は眉山で登山をしました。まつぼっくりや落ち葉、どんぐりを拾ったり、シールの入ったカプセルをチェックポイントで探したりしながら山頂を目指しました。

それぞれの登るスピードに差があり、ばらばらになってしまいそうな時もありましたが、先に登っている子が少し遅れている子を気にかけていたり、追いつくまで待っていたりする姿が見られました。

途中休憩もはさみながら1時間半ほどかけてみんなで山頂まで登ることができました。


拾ったものやシールは画用紙に貼っていきました。
カプセルには全員分のシールが入っており、カプセルを見つけた人はシールをみんなに配ってくれました。
山頂からの景色を眺めて、「〇〇が見える」と教えてくれました。

この日のために、ボラさんが企画から事前の下見、準備までしています。
近い将来、公認心理士などの資格を持ち、社会の基盤を担う方々です。
活動を通した経験が子どもたちのみならず、ボラさんにとっても代えがたい経験になっている事を嬉しく思います。

もう7年になるでしょうか、次々とバトンを渡しながら関わってくださる方々に感謝してもしきれません。
忙しい中で時間を空けて下さり、いつもありがとうございます。

一足先に山頂で待っていたご家族は、四方山話に花が咲いたようです。
屋外活動は、お父さんの参加が多いので、お父さん同士の子育て話も・・・。
コロナ禍でお父さんたち、お母さんたちの懇親会も開けていませんが、落ち着いたら集まれると良いですね。

次回は2020年最後の月、コロナの状況を見極めながらですが、クリスマス会が開けると良いなと企画中です。
クローバーのメンバーさんから「子ども活動で使えるかな」とキラキラの宝石やクリスマスグッツを頂きました。
いつも気にかけてくれて、ありがとうございます。

これからも、相互に交流できたら嬉しいな。

-News, こども活動, カンガルークラブ

Copyright© 特定非営利活動法人 オーティの会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.